2010年04月18日

さて、本気でどうしようか?

Oracleの×××××がSolarisを有償化するってんで今の環境をどうしようか検討中。

選択肢は今のところこんな感じ。

@OpenSolarisに移行する
→今ささってるXVR-1000がOpenSolarisでは使えないんでちょっとイヤかも。
→今更PGX-64に戻るのも何かねぇ。

ALinux/SPARCに移行する
→なんかスゲー苦労しそうな予感。少なくとも乗り気ではない。
→今使ってる周辺デバイス系がそのまんま使える保証もないし。

B左足の脇にあるAMD64なマシンに移行する
→とりあえずOSでは苦労しないので一番現実的かも。
→ただし、すげぇ負けた気分になる。

とにかく、愛機Blade2000を物置の肥やしにしたくはない。
我が家は狭いんである。
(自室だけでPC/WS合計4台あるので母者にウザがられてるorz)

posted by ぼむ者@ at 22:25| 埼玉 🌁| Comment(0) | Solaris | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月25日

システム強化完了

我が愛機、Sun Blade2000のメモリ交換実施。これで本体強化はひとまず終了な感じ。

以下、スペック。

CPU: Single UltraSPARCIII Cu-A(1015MHz) → Dual UltraSPARCIII Cu-A(1015MHz)
RAM: 2048MB(8x 256MB) → 8192MB(8x 1024MB)
HDD: none → 2x FC-AL(73.4GB)
GFX: Sun PGX-64 → Sun XVR-1000
ETC: USB2.0ボード追加、DVDドライブ換装

あとはCPU交換が出来るくらいだけど、アレ嵩張るからなぁ。置き場がない。

posted by ぼむ者@ at 21:54| 埼玉 ☁| Comment(0) | Solaris | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月24日

ヤバイ、のか?

最近Blade2000のHDDが起動時に異音を発する。

昨日はそれ+SCSIコマンドエラーが大量発生。

いい加減ヤバイのか?めんどくせぇなぁ。
内蔵HDDのI/FがFC-ALとかフザケたシステムだから高く付くし。

まぁ、予備のHDDは確保してあるから当面は問題ない。

またインストールに2時間超とか考えると流石にイヤになる。
posted by ぼむ者@ at 23:28| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Solaris | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月23日

更にIYH

何気なくネットを徘徊していたらSunのXVR-1000が安く出ていたので衝動買い。

サクッと取り付けて、せっかくなのでDVIで接続→映らないorz

しょうがないのでしばらくアナログで調べ物→なぬ?fbconfigとな?

設定→リブート→正常に映った ← いまここ


以下、とりあえずのメモ書き。

本体:Sun Blade 2000
モニタ:Acer AL1917

出力可能信号:
1280x1024時 60Hz,75Hz
(↑VESAの75Hzだと変なノイズが出るので実質60Hzのみ)
(↑もちろん、Sun仕様の76Hzなんぞ正常に出ない)

設定手順:
# fbconfig -dev /dev/fbs/gfb0 -res 1280x1024x60 -port dvid
# reboot
(↑最後の「-port dvid」がミソ。自動でアクティブになるのはS端子のみとのこと。)
posted by ぼむ者@ at 23:55| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Solaris | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月20日

環境更新

Solaris 10 5/08がリリースされたのでsnv_79bから移行してみた。

別に変わった点は無し。まぁ、Solarisですな。

最初移行するのに横着して/export/homeをそのまんま再利用しようとしたら一般ユーザでログインできなくなった。
どうも初期mount関係がおかしくなって/homeが読めなくなってたらしい。
面倒なので再インストールした。

ファイル自体はDVD+Rに全部バックアップ取ってたので問題なし。
jpilotもちゃんとインストールし直し。
ついでにOBPも4.6.2→4.16.4にしてみた。

また再セットアップするときのために作業手順を残しておく。

・Solaris
特になし。
アップグレードするとなんか問題があるみたいなので必ず初期インストールし直すこと。
/export/homeも切り直す。

・OBP
パッチをunzipして出てきたフォルダ内の、
「flash-update-Blade1000-latest」
を/に置いてchmod 755しとく。
haltしてauto-boot?をfalseにする。
J2103ジャンパ(CPU直下にある。シュラウド外さないと手が入らん。)を2-3ショートに入れ替えて起動。
{0} ok boot disk /flash-update-Blade1000-latest [Enter]
でブートして画面の指示に従う。

・環境設定
/usr/ccs/bin と /usr/sfw/bin にPATHを通しておく。
PS1を"[\u@\h \W]\$ "にする。
いつものalias4種を書いておく。
/etc/default/su のパスのところにも/usr/ccs/binと/usr/sfw/binを追加。(ソフトインスコ用)

・GNU gettext
./configure --prefix=/適当 --with-included-gettext
gmake (acl_trivialが無いとか出たら該当フォルダのMakefileにLIBS=-lsecを追加)
su; gmake install

・jpilot
./configure --prefix=/gettextにあわせる --enable-japanese --with-pilot-prefix=/usr/sfw
jpilot.cの2185行目付近、gtk-2.8関係の#ifdefを丸ごと削除。
gmakeしてintl関係のリンクエラーが出たらトップのMakefileに
LDFLAGS = -L/usr/local/lib -lintl
を追記して続行。
su; gmake install
posted by ぼむ者@ at 23:32| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Solaris | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月04日

Blade2000 Dual CPU化

注文してたUltraSPARCVがようやっと届いたので早速増設。
以下、こんな感じ。
F1000002.jpg

F1000003.jpg

心なしか、Firefoxとかの動作がキビキビしたように見えるが多分気のせいだろう。
まぁ、そのうちマターリとベンチでもするかね。
posted by ぼむ者@ at 22:03| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Solaris | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月29日

どーでもいい話

暇だったのでニコニコ動画のアカウントを取ってみた。
ユーザIDが510万番台で、24時間開放IDが550万以下だったので最初から24時間OKだった。

で、本題。

Firefox 2.0.0.4@Solaris Nevada snv_70bで問題なく視聴可能なことを確認。
ちなみに、いつものBlade2000なのでSPARCだったりする。

さらにどーでもいいが、PS3だとYouTubeはOKでニコニコ動画はアウトらしい。
何が違うんだろうか?
posted by ぼむ者@ at 22:36| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Solaris | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月12日

スペアゲット

毎度毎度のアレなルートでIBMのFC-ALなHDD×2をタダでゲット。
型番がST***なんで多分SeagateのOEMだろう。容量36GB。
今使ってるHDD(ST373065FC)の半分しかないけど、とりあえずBlade2000のスペアとして確保。

ただ、ご丁寧にマウンタまでくっついてるのでIBMの鯖があれば差すだけで使えそう。
まぁ、ウチにはSunしかないわけだが。
IBMの鯖買えってか?>父者
posted by ぼむ者@ at 00:12| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Solaris | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月24日

環境移行 その他

我がBlade2000のOSをSXDE 9/07に入れ替えた。(SPARCなので本当はsnv_70bだ)
Solaris 10 8/07から変わったことといえば、
・GUIの設定ユーティリティが付いた
・JDSの立ち上がりが軽くなった
くらい。

ここがイイと思ったのは、
・PX-504A+AEC-7720Uで読めてなかったDVD+Rが読めるようになった(SCSI周り変わった?)

とりあえずやめてほしいと思ったのは、
・pkg-config用のx11.pcがない(gtk2使うアプリがビルドできなくて小一時間悩んだ)
・Palmなデバイスを認識しない(update_drvでusb_midを手動割り付けする必要がある、これは前からだが。)

まぁ、まだ使い始めだからマターリいきますか。
posted by ぼむ者@ at 23:11| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Solaris | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月19日

何とか間に合ったげ。

突如Blade2000のHDDが異音を発し始めたのに関連して外付けDVDドライブ購入。
USB2.0+IEEE1394両対応のBUFFALO DVSM-XL20IU2を選択。12,800円+15%ポイントですた。
いちいちIEEE1394対応のを選んだ理由はズバリ安全策。
ぶっちゃけ、自分で増設したUSB2.0ボードを信用してないので。(Blade2000はIEEE1394ポート標準装備)

結果的にUSB2.0で動作させてバックアップを取ることができたわけだが、ちょっとつまった点が一つ。
そのままつないだだけじゃドライブを認識しない。
よって、

# update_drv -a -i '"usb411,29.100"' scsa2usb

でドライバを更新した後、

# iostat -En

で認識することを確認。リブートして、

# cdrw -l

で書き込みドライブとして認識できたらおk。
普通につないだんだとUSB2-IDE Bridgeなんたらのドライバがないってログに吐くので使えないといった寸法。

で、4GBほどのイメージを焼くのに要した時間:20分強(リッジやって時間つぶしたので正確には分からない)
焼くのに使ったドライブでは読めるのにPX-504Aでは読めないオチ付き。
ま、これはボロいからだろ。
posted by ぼむ者@ at 00:16| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Solaris | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月16日

まぢですか…

なんかBlade2000に内蔵してるHDD(中古)の内どっちかがヤバげ。
変な音たてながらリードエラー出してるorz

せっかくCPU買い足そうと思ったのに先にそっちですかorz

#FC-ALのドライブだから新品だと高い
#73GBで5万円コースorz
posted by ぼむ者@ at 00:05| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Solaris | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月02日

さて、どうしようか。

今Blade2000に入れてるSolaris10をNevadaに入れ替えしてみようと思ったので/homeのバックアップをとることにした。
ところが、DVDが焼けない。CDは焼ける。
データを外に出す手段…なしorz

やっぱりAEC-7720Uがうまくないんかな。ファームのアップデートでも試してみるか。

で、そのアップデートすんのにWindows機をセットアップする必要があるわけで。
おまけに、今付けてるAEC-7720Uを外す必要があるわけで。
あ゛ぁぁぁぁ〜面倒くせぇぇぇぇ〜〜〜〜
posted by ぼむ者@ at 21:25| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Solaris | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月12日

俺はPCをやm(ry

つーわけで、めでたく脱PCしてしまいますた。
iPodに関してはなぜか「DOSのファイルシステムじゃNEEEE!!」とか言われてマウントできないので諦め気味。バグ?とか書いてあった希ガス。

あと本格的に足りないのは動画再生環境だけかと。
Blastwaveのpkg使ってもいいんだけど、ここは一発ソースからってことで挑戦中。
バイナリを入れたら負けかなと思っている。(古


あと、お買い物(散財)情報。
ゲーミングデスクのRoccaforteをポチってみますた。
税・送料込みで39,800円ですた。
さすがにデカくて家人に頼むのはチト心配なので土日配送で。
振り込み済んでるから今週に来るんじゃね?とか思う。
posted by ぼむ者@ at 22:14| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Solaris | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月07日

jpilot-0.99.9 on Solaris 10 8/07

ついさっき、あっさりHotSync成功。

・やり方
jpilotの環境設定で接続先デバイスに「usb:」を指定する

クレードルのHotSyncボタン押す

jpilotのHotSyncボタン押す

(゚д゚)ウマー


フフフ、これでパソコンには用が無くなった(ニヤリ
posted by ぼむ者@ at 23:24| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Solaris | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

そんなにヒドいかね?

最近仕事が鬱なモンでずーっと('A`)こんな顔してたら本気で心配された。
なんか来年は2人新人が来るらしいが、どっちもハード屋だろうから正直どーでもいい。

・Plextor PX-504A @ Sun Blade 2000
ネット通販でAEC-7720Uを買い足してつないだら普通に動いてる。
まだCDとか焼いたりしてないが、たぶん大丈夫だろう。

・アップデート
なんか5時間放置してもアップデート終わらないでプログレスバーが止まってたので今日帰宅してからやり直し。
/var/sadm/spoolに入ってたパッチを削除して、
smpatch analyze,download,update
これで完了。

相変わらず123895-03,125202-01,123894-03の3つは適用に失敗するが、ただ単に壊れてるだけらしいので放置。
posted by ぼむ者@ at 22:57| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Solaris | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月04日

/(^o^)\ナンテコッタイ

PX-504A+AEC-7722の組み合わせでうまくいったと思いきや、実はダメっぽいことが判明。

一応、いったん認識されれば動作するが、起動時に

・WideモードからNarrowモードへ切り替える
・???からAsyncモードに切り替える

の2クッションが入るため、ただでさえ長い起動時間がさらに長くなる。
これじゃぁ使い物にならんちゅーことでドライブは元に戻した。

で、ネット通販でAEC-7720U(IDE→50ピンNarrow)をさっそく発注。(ぇ


ところで、AEC-7722が余るんだけど、誰か要る?
格安で譲るよ?(殴
posted by ぼむ者@ at 22:25| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Solaris | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペッ( ゚д゚)、

BladeのPCIスロットに刺さってたSCSIボードが使えない原因が判明。

HVDでした。(涙

そんなデバイス持ってねえよ。
posted by ぼむ者@ at 17:49| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Solaris | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うまくいった…のか?

ちょっくら秋葉原へ買い出し。
目的のブツをゲッツして来ますた。

・ACARD AEC-7722 SCSI-to-IDE Bridge Adapter
ATAPIな光学ドライブをUltra2 SCSIに変換してくれるナイスなアダプタ。
13860円もしやがった。(TдT)

で、ペンギン箱に付けてたPlextorのPX-504Aに装着してBladeのDVD-ROMと交換。
こげな感じになりますた。
F1000010.jpg
色が違って格好悪いが気にしない(w
認識させた所
F1000011.jpg

とりあえず認識はうまくいってるようなのでcdrwコマンドで動作確認。
読み・書きともに問題なさげ。

ただ、ドライブ差し替えてから起動時にSCSIのエラーが出るようになったorz
あと、起動してしばらくはアクセスランプが点きっぱで反応しない。しばらくすると正常動作する。
ケーブルが悪いのかな?


※追加事項
PCIスロットに刺さってるSun純正のSCSIボードが動いてない模様。
デバイスドライバは入ってるみたいなのでadd_drvとかすれば動くんかな?要調査。
posted by ぼむ者@ at 02:22| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Solaris | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月03日

とりあえずビルド成功

結局、jpilotで日本語が潰れるのはGTKのせいだってことが分かったので方針を変更。
GTK+-1.2を使わずにGTK+2を使用するように変更。
_NL_TIME_FIRST_WEEKDAYがないからビルドが通らないのは*BSDとかSolarisだとlanginfo.hが微妙に違うからっていうのをどっかで見つけたのでjpilot.cの該当部分をイジることによって無効化。
それだけ解決したら正常に表示されるようになりましたとさ。

アプリ本体はこれでいいとして、問題は実使用のほう。
USBクレードルのつながる先(デバイスファイル)が分からない。(汗
gnome-pilotだと単純にusb:って指定するだけだったんだけどな。
Linuxみたいに/dev/ttyUSB?になってくれんもんか。


一応、忘れないようにやったことを記しておく。
・jpilotビルド前にやること
gettextのインストール

・jpilotビルドの仕方
$ ./configure --prefix=/opt/local --with-japanese --with-pilot-prefix=/usr/sfw
(prefixは適当に。gettextのprefixと合わせるといいんだっけ?)
$ vi Makefile
(LDFLAGSに-L/opt/local/lib -lintlを追加)
$ gmake
# /usr/sfw/bin/gmake install
posted by ぼむ者@ at 01:18| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Solaris | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月01日

jpilot ビルド成功

jpilotの野良ビルドに成功しますた。
最後のlibintl_gettextとかがないって言われるリンクエラーはトップレベルのMakefileに
-L/opt/local/lib -lintl
つけて再度gmakeで無事に通った。

んで、インストールして起動してみたら日本語の表示がほとんどグズグズ。
メニューバーとかアンダースコアしか表示してないし。
useless_jpilot.png

ん〜。アクセラレータキーとかが悪さしてるんだろうか。
わからん。
posted by ぼむ者@ at 23:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Solaris | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする